MENU

登録販売者の難易度は?

登録販売者 難易度 合格率 100点

登録販売者は国家資格。難しいイメージがあるかと思いますが、実は国家資格の中では比較的難易度は低いと言われています。

 

これは、同じく専門性の高い薬の販売を行う薬剤師に比べて
・取り扱いできる薬や成分の種類が少ない

 

・実務経験のない人でも合格者が出ている

 

ということから、そのように考えられているようです。

 

ところが同じ国家資格で難関と言われる薬剤師の試験は、平成26年度のデータで合格率は63.1%なのに対し、登録販売者の合格率は全国平均で43.1%。その差で約20%も合格率が下がっているのです。

 

なぜ登録販売者は合格率が低い?

登録販売者 難易度 合格率 低い

なぜこのようなことが起きてしまうかというと、受験者の質の問題があります。薬剤師は大学の薬剤師養成課程などで6年間みっちり勉強して資格を取る人がほとんどです。

 

それに対し、登録販売者は学生時代、薬についての勉強を全くやっていないのに、ドラッグストアに就職したために取得せざるを得なくなってしまった人も受験します。

さらに、平成27年度から受験資格の撤廃で受験者の間口が大きく広まりました。

これによりドラッグストアなど医薬品販売業で勤めたことのない人でも受験者が増えましたが、出題された問題の難易度は下がったわけではありません。そのため、合格率が低くなっているようです。

 

しかし、しっかりと出題範囲・出題の傾向を掴んでおけば大丈夫です。実際に全くの未経験の人ですら勉強次第で合格しています。登録販売者試験の概要を事前に掴んでおきましょう!

 

登録販売者試験の合格基準

登録販売者 難易度 合格率 マークシート

試験の概要

 

厚生労働省があらかじめ示した試験の出題範囲に沿って、各都道府県が独自に試験を行います。そのため難易度・合格率は地域によって違います。

 

試験に合格するためには、医薬品成分のはたらきや副作用、薬事法、人体の仕組み、薬品販売にあたっての必要な知識を広く学んでおかなくてはなりません。

 

試験の形態

 

試験時間は4時間(240分)で全120問の問題が出題されます。出題形式はマークシート方式ですが、一部の地域では用紙記入方式の場合があるようです。受験する地域の情報を確認しましょう。

 

【出題の形式の例】
4肢択一
組み合わせ4択
正誤組み合わせ4択
穴埋め問題

出題範囲
医薬品に共通する特性と基本的な知識
…20問  40分
人体の働きと医薬品
…20問  40分
主な医薬品とその作用
…40問  80分
薬事関係法規・制度
…20問  40分
医薬品の適正使用・安全対策
…20問  40分

 

合 計 120問 240分

 

合格基準

 

全体の70%以上で合格となります。出題数が120問ですから、そのうち84点以上取れば合格となります。

 

また、各章40%以上の点数を取っていることも条件となります。出題数20問だったら8点以上、40問だったら16点以上を正解している必要があります。

 

満点を取りに行くというよりも、満遍なく取りつつ得意なところを作っておくと合格しやすいです。

 

合格率

 

登録販売者試験発足当初に比べ、ここ最近の合格率は平均して45〜46%程度。全体の半分以下の合格率となっています。

 

この数字は全国平均の数字なので、地域によって難易度・合格率にはバラつきがあります。

【全国平均データ】
・平成27年度 46.0%
・平成26年度 43.1%
・平成25年度 47.1%
・平成24年度 44.2%
・平成23年度 46.8%
・平成22年度 47.7%
・平成21年度 47.4%
・平成20年度 68.3%

直近の試験結果のデータで、地域別に全国で最も合格率が高かったのは北海道・東北の53.1%。逆に最も低かったのは九州・沖縄の22.1%でした。

 

県別で見ると、最高は岩手県の66.23%、最低は愛媛県の22.61%でした。県別に難易度の差が発生しないように、試験内容には統一のガイドラインが定められているのですが、試験自体は都道府県別に実施されるため、地域によって合格率が変わるようです。

 

▼登録販売者の講座を調べる▼

登録販売者 難易度 合格率 ボタン1

 

合格率を上げるには?勉強のコツ

登録販売者 難易度 合格率 合格

受験地域の特徴を知る

 

合格率の項目を見ていただけると分かると思いますが、地域別にここまで合格率が違うということは、地域ごとの特徴があるということです。もちろん厚労省のガイドラインありきで問題が作られますから、極端に奇をてらった問題は出にくいです。

しかし出題者の好みや、同じ問題を2回続けて出さない、といったパターンは少なからず存在します。

地域によって漢方や生薬が出やすい、成分名の具体的に突っ込んだ効能や効果から出題されやすい、この問題は毎年出題されているといった特徴があります。それを掴むことができれば、合格率をアップすることができるでしょう。

過去問は繰り返しやる

 

受験前に、自分がどれくらいできるようになったかを計るために必ず過去問をやるかと思います。難易度の高い過去問は1回ではなく、繰り返し行っておきましょう。

 

例えば、平成28年度に受験をするとして、平成27年度の過去問だけをやっていては対策は不十分です。それだけではパターンを網羅できないですし、少しひねった問題が出たときに対応できません。

 

また、2年連続で同じパターンの問題が出題されるとは考えにくいです。こればかりは出題者のサジ加減次第ですが、対応能力をつけるためにも過去問はたくさんやってください。

毎回90〜100点を超えられるくらいになれば、合格にかなり近い位置にいるといえます。

解ける問題から手を付ける

 

登録販売者の試験は、各章40分で20問の問題を解きます。(3章のみ80分で40問)これを1問あたりにかけられる時間数に割り当ててみてください。解答していくペースとして、1問あたり2分でやらないと終わらない計算になります。

 

途中のどこかでつまづいてしまうと、後半の問題に取り掛かる時間が無くなってしまい、焦ってケアレスミスを誘発してしまいます。

分からない問題は一旦置いておいて、拾える点数をしっかり拾っていきましょう。

特に、正誤組み合わせ4択などの出題方式の場合は問題を全てしっかり読まないと回答できません。

 

問題を読み終わるのに1分、解答を考えるのに1分と考えると案外時間はないので、問題の難易度に合わせメリハリをつけましょう!

ポイントを絞る

 

登録販売者の試験範囲では500を超える医薬品成分が登場します。これを全て覚えようとすると、かなり大変な作業です。(働くにあたっては知っておかなければならないんですが…)

 

対策として、過去問を繰り返し解いていく中で、頻繁に出てくる成分名をピックアップしておきます。全体の半分くらいがいいでしょうか。その医薬品成分に関してしっかりと覚えておけば、試験は4択問題が多いので、ある程度消去法で問題を解くことができるようになります。

 

医薬品成分を覚える際、『部位・症状名・・・この成分を使う』というように覚えるより、『成分名・・・この効果・効能』というように覚えたほうが応用がききやすいです。

医薬品成分の作用や特徴をしっかりと覚えたほうが、試験への対応力は上がります。

有資格者に話を聞く

 

もしあなたがドラッグストアや医薬品の取扱店で働いているのなら、ぜひとも薬剤師・登録販売者さんのお話を聞いてください。

すでに資格を持っている方は、試験の雰囲気や出題の傾向、難易度、気を付けること、勉強のポイントなど、あなたが知りたいであろう様々なことをすでに経験しています。

働きながら資格を取得したのであれば、きっとあなたが置かれている状況と同じことも経験しているはず。どうやって勉強時間を捻出したのか、どのようにモチベーションを維持したのかというのを聞ければ、合格までの道筋が見えてきますよ。

 

一発で合格するために

登録販売者 合格率 難易度 一発合格

最近の登録販売者の合格率は、ほぼ一定の水準をキープしています。これは難易度が毎年変わらないということですから、基礎をしっかりと身につけておけば合格は十分に可能だということです。

 

配点はどれも同じですから、簡単な問題でいかに取りこぼしなく点数を積み重ねられるかがカギです。

 

しかし問題数が多いので、自分ひとりで全てをカバーするのは労力が要ります。問題集の数を増やすか、通信講座の対策テキストを使う方法をオススメします。通信講座の場合だと添削してもらうことができますし、分からない部分を質問することもできます。

 

資格は取るまでが大変ですが、取ってしまえば一生モノ。取得までに掛かる時間とお金は自己投資と割り切ってしまえれば、確実な合格が見えてきます!

 

▼登録販売者の講座探しなら▼

登録販売者 合格率 難易度 ボタン2

 

 

>> 【登録販売者】通信で最短取得する方法!  TOP