MENU

登録販売者の社会的な需要は?

ドラッグストア店頭

薬事法の改正により、小売店などは薬剤師がいなくても登録販売者がいれば一般用医薬品を販売することができるようになりました。

 

圧倒的に不足していた薬剤師の数をフォローする形で、登録販売者の需要は増えてきています。現在は実務経験による受験資格の縛りがなくなったことから、就職やスキルアップを目指して受験する人も増えてきています。

 

企業側も有資格者を優遇する傾向があり、採用を優先されたり資格手当を支給する企業もあります。現在はドラッグストアだけでなくコンビニやスーパーでも一般用医薬品の取扱いが始まったため、人材を常に求めている状況です。

 

登録販売者ができること

登録販売者として働くことになると、医薬品の販売ができるようになります。しかし、全ての医薬品を扱えるわけではありません。

 

医薬品の中にも種類があり、薬剤師であれば全ての医薬品を取り扱いすることができます。登録販売者が扱うことができるのは、

第2類医薬品(指定第2類医薬品)

一般的なかぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬など

 

第3類医薬品

ビタミン主薬製剤、一般的な胃腸薬など

の2種類です。たったこれだけか、と思うかもしれませんが、一般的なドラッグストアやコンビニなどの小売店で販売されている医薬品の多くは第2・第3類医薬品です。医薬品全体の9割以上を占めます。

 

今後、医薬品を取り扱う小売店は拡大が予想されます。日本中にお店は溢れているわけですから、その分だけ登録販売者の数が必要になるという時代がやってくるかもしれません。

給料はどうなる?

給料

登録販売者は店舗での勤務になりますので、その給料は店舗運営会社の給料によりかなり振れ幅があります。

 

例えば、登録販売者の勤務先として最もポピュラーなドラッグストア。地域や勤続年数にもよりますが、
正社員は平均300万〜
店長やマネジャークラスは平均400万〜
の年収を得るといわれています。

 

登録販売者の資格取得でのうま味はというと、資格手当になるのではないかと思います。手当は会社によってあるところとないところがありますが、5000〜20000円程度の資格手当が支給される会社もあります。

 

働き口は広がっている

 

これをご覧になった方は、正直ガッカリされたかもしれません。薬剤師が高給を稼ぎ出しているのは有名な話なので、登録販売者も…という思いがあったのではないでしょうか。

 

見たとおり、資格を取ったからといって収入が跳ね上がるものではありません。しかし、資格取得のメリットは長期的に見ると大きいです。

 

昇進の基準になる

ドラッグストアの店舗管理者、つまり店長を目指すのであれば、医薬品の販売ができることは必須。薬剤師にも休みが必要ですから、毎日出社することはできません。

 

そんなときに、自分が登録販売者であれば店舗運営に支障をきたしません。ドラッグストアチェーンは全国に店舗数を増やしています。

資格取得者であることが店長の条件となっているお店は多いです。

求人数が多い

正社員でなくても、パート・派遣として働く場合に資格を持っていることで優遇されるケースが増えています。時給の上乗せも期待できます。

特に最近医薬品の販売を始めたスーパーマーケットや、ディスカウントストア、ショッピングモール内のドラッグコーナーなどではまだまだ人員が不足しています。

仕事探しをする上では、非常に大きな武器になるでしょう。

登録販売者として働くのに向いている人

登録販売者 店員

実際に店舗で働くにあたり、登録販売者は医薬品の販売のみを行うわけではありません。

 

そのお店の従業員の一人になるわけですから、当然、店舗オペレーション作業をできるようにならなければいけません。特別な資格は必要ありませんが、以下のような人が向いています。

 

コミュニケーション能力がある

 

医薬品をお客さん・患者さんに販売する際、説明をしなければいけません。

 

医薬品を買い求める人は不安な気持ちで買いに来ているので、その不安を解消して上げられるように笑顔で話しができる人は頼りにしてもらえます。

 

店舗管理に興味がある

 

ドラッグストアでも近年は医薬品だけでなく、日用品や食料品も扱うようになりました。

 

在庫管理・売り場変更・品出し・商品補充・レジ打ち・清掃・POP作りといった店舗作業を行いますので、すでにドラッグストアに勤めている人はもとより、店舗経験のある人は優遇されます。

 

パソコンがある程度使える

 

現在の小売店の売り上げや在庫の管理は、ほぼ全てパソコンで行われています。

 

仕事上必ずパソコンを使う機会がやってきます。難しい操作を必要とすることは少ないですが、基本操作はできた方が好ましいです。

 

登録販売者として働くには

資格を取得しても、登録販売者として単独で医薬品を扱うには実務経験がなければいけません。

 

実務経験がないままでも試験に合格すれば、資格をもらうことはできるのですが、

正登録販売者(第2・3類店舗管理者)になるには合格後、過去5年のうちに2年間の実務経験が必要になります。

ただ、合格後すぐに薬剤師または登録販売者の管理・指導の下であれば、『登録販売者 研修中』として医薬品(第2・3類)の販売は可能になります。

 

どちらにしても、都道府県への登録には実務経験が必要になります。登録販売者として活躍したいと考えている方は、事前に医薬品取扱店で経験を積んでおくなどすれば、即戦力として活躍することができますよ。

 

▼登録販売者の講座探しなら▼

登録販売者 年収 ボタン

 

>> 【登録販売者】通信で最短取得する方法!  TOP