MENU

登録販売者の資格が必要になった

登録販売者通信ドラッグストア

2年前、新卒でとあるドラッグストアに就職しました。薬の販売という職業柄、覚えることが多くて毎日勉強です。営業時間が長いため残業も多く、忙しい日々を過ごしています。

 

でも売り場作りは面白いし、お客さんが必要としているものを提供できたときに「ありがとう」と言われるのは本当に嬉しいです!やりがいがありますし、お客さんとお話をするのも楽しいです。

 

しかし最近まで大きな悩みが…ちょうど就職から1年目を終え、業務の年間の流れを掴めてきた時期。上司から電話でこんな事を言われました。

 

登録販売者通信上司

「○○さん、登録販売者持ってないよね?勉強しといてね」

 

ドラッグストアで働く者であれば誰もが通る道。いずれ取れと言われると聞いてましたが、まさかこんなに早いとは…そういえば受験資格も変わって、実務経験が無くても受験して、資格だけは取れるようになったんですね。

 

これから店長になるにあたり、取っておかなければならない資格。簡単にいうと、社員はみんな取りなさい!というお達しが出たわけです。こうして僕の勉強の日々が始まりました。

 

登録販売者の勉強は独学?通信?

さっそく独学で登録販売者の勉強を始めようと、参考書を買いに本屋さんへ。

登録販売者通信本屋

『○○日間で合格する!』

『出る過去問一問一答!』

『ここだけ押さえるポイント!』

 

など様々出ていましたが…どれもそれなりに大変そう。自分ひとりで勉強を進めるって、何をやればいいか分からなくなってしまいますね。

 

薬学の知識がある人なら数ヶ月あれば独学でも登録販売者に充分合格できそうです。しかし、僕の今の知識量で試験までに間に合うかどうかorz

 

不安になったので講座を使ってみようと思いました。できればお金をかけずに合格できることがベストですが、仕事が忙しいので長い時間勉強する気もありませんから。
(せめて勉強時間くれればね…)

 

登録販売者の勉強法、選んだのは通信

登録販売者通信勉強

場所と時間を選ばないで効率的に勉強ができる通信講座に申し込むことに決めました!仕事終わりの時間でも自宅でなら少し勉強できますし、費用もスクールに比べれば安かったですからね^^

 

さっそく登録販売者講座に申し込むとテキストのほかにDVDや用語集も付いてきました。添削してもらえるレポート集や質問表も入っているので、何度か質問できましたし、問題集もポイントが絞られていたので効率的に勉強することができました。

 

途中で何度か勉強するのを面倒に感じましたが、

 

資格を取ってスキルアップ、早く昇進したい!!

 

せっかくカネ払ってんだ、絶対落ちたくない!!

 

という必死な想いでモチベーションを保ちました(笑)

 

そして半年間眠い目をこすりながら机に向かい、結果は見事一発合格。学生時代以来の勉強が実を結び、登録販売者の資格を手にすることができたのです!

 

登録販売者の通信講座を探した方法!

登録販売者通信スマホ

登録販売者の資格はまだ歴史が浅く、大手の通信教育会社でも扱っていないところがありました。本屋さんやネットを探してみてもなかなか見つからなくて、調べるのに苦労しました。

 

そのことを同僚に相談してみると、教えてくれたのが通信講座のまとめサイトを見るという方法。登録販売者の資格講座を一発で探せるし、比較もできるから使ってみたら?とのことでした。

 

教えられたのがこちらのサイト。

登録販売者ブラッシュlink

 

このサイトは講座を探せるだけでなく、そのまま資料請求が無料でできたのでお世話になりました。かかる費用や期間も一目で比べられます。詳しいカリキュラムや教材の内容についてはサイトだけ見ても分からなかったので、ひとまず全部資料請求してしまいました。

 

とりあえず資料請求だけなら無料だし、会員登録も無いから、届いた資料の中身を見てから考えようかという軽い気持ちでした(;´Д`)もし講座を探しても見つからないときは、こういうのを利用するのもアリだと思いますよ。

 

▼登録販売者の講座を調べる▼

登録販売者 通信 ボタン1

 

通信講座を選ぶ際のポイント

登録販売者通信ひらめき

ポイントになるのは『無理なく続けられること』

登録販売者の講座選びをしたときはかなり時間をかけて吟味しました。通信講座のデメリットなんですが、講座選びを間違ってしまうと独学でやっているのと同じことだから。結局はスクールで授業を受けるのではなく、
自分の決めた時間に、

 

自分の決めた量、

 

自分の決めた内容

 

を勉強していくわけです。

 

自分に合わない通信講座を選んでしまうと、なんとなく手を付けなくなったり理解できないまま先に進んでしまって最終的には挫折します。お金を払っているんですから、自分自身が成果を出せる通信講座を選ぶべきですね。

その他の通信講座を選んだ基準

 

どれくらいの費用が掛かるのか

添削や質問などの制度があるか

何ヶ月でのカリキュラムなのか

教材が分かりやすい内容か

重視したのは『添削や質問などの制度があるか』。これも独学では得ることができない部分だったので、分からないときに聞くことができる通信講座を軸に考えました。

 

またカリキュラムが何ヶ月で組まれているかも確認しました。スクールのように○ヶ月前ならこの勉強内容をやるというのが通信にはないので、登録販売者の資格試験の日から逆算して、間に合うようなカリキュラムのものを選びました。

 

試験日までにカリキュラムが終わらずに不合格になったら、また1年勉強しなければならない…

 

そう思うと、何が何でも一発合格をしたかったので、僕の場合は費用面よりもこちらの優先順位が高かったです。

通信講座を利用した人の口コミは?

目標が明確に
テキストは細かいところまで分かりやすく書いてありました。自分で本屋さんでテキストを選んだときは「どこから始めればいいの?」と迷ってしまいましたので、通信でもこれで計画を立てることができました。

 

通信講座のいいところは、「この部分から学習を始めればいい」というのが分かるところ。目標が明確になったので、すぐ始められてどんどん勉強を進めることができました。登録販売者はちょっと難しいって言われるけど勉強法次第だと思います。

27歳 女性 Sさん

テキストがわかりやすい
通信講座は、とてもわかりやすいテキストでオススメです(^^)標準期間よりも早く終わりました!分かりにくいテキストだと問題を解くのに時間がかかってしまいます。

 

一番オススメの勉強方法は、登録販売者の受験地域の過去問を解きまくること!私は通信のテキストと市販の過去問で勉強しました。問題集は通信のテキスト以外に自分でも用意したほうがいいですよー!

匿名希望 女性

独学で十分
通信講座を申し込みましたが、テキストの内容が自分に合わなかったので全くと言っていいほど利用しませんでした。教材も使いにくく、結局自分でテキストを用意しました。

 

勤務する店舗に薬剤師さんがいたので、その人たちに試験のコツを教えてもらったら一発で登録販売者に合格できました。正直、わざわざ申し込むほどでもないかなと思います。

32歳 男性 Kさん

すんなりと入ってきた
通信教育は最後までやり遂げることができないイメージがありました。実際登録販売者を受験した同僚たちにもそういう人が多かったので、通信講座を受講を開始した後もなかなか手を付けることができませんでした。

 

ふとしたときに通信のテキストを開いたら、思いのほか分かりやすくてすんなり入ってきたので始めました。途中で挫折しそうになったんですが、添削問題などいろいろなサービスを使って、自分なりに折れそうな心を克服していきました。

43歳 男性 Fさん

 

▼登録販売者の講座を調べる▼

登録販売者 通信 ボタン2

 

登録販売者の勉強法
メリットとデメリット一覧

登録販売者の通信講座を申し込む前、勉強法に迷っていた時、どの勉強方法が自分に一番合っているのかを検証しました。すると、このような特徴が見えてきたのです。

独学

 

メリット
・お金が掛からない
・自分の好きなペースで勉強できる
・場所を選ばない

 

デメリット
・分からない部分を人に聞けない
・重要なポイントが分からない
・モチベーションが続かない
・自分の正しい実力が判断できない

通信講座

 

メリット
・スクールに比べて費用が安い
・自分のペースで勉強ができる
・場所を選ばない
・試験に向けた内容のテキスト

 

デメリット
・講師に聞くのに時間が掛かる
・モチベーションが下がりやすい
・講座選びを間違うと独学と同じ

通学・スクール

 

メリット
・すぐに講師に質問できる
・モチベーションが維持できる
・試験対策の特別授業で合格率が高い

 

デメリット
・費用がもっとも高額になる
・通学時間と交通費が発生する
・残業があると通いづらい
・好きな時間にできない

 

独学は人に聞けない

問題を間違えても、それがどうして間違えたのか、正しい答えは何なのかというのが理解できない可能性がありました。

 

また、自分の場合おそらく独学では続かないなと思いました。仕事帰りは遅い時間ですし、疲れてそのまま寝てしまいそう。登録販売者の合格に独学は厳しいと判断しました。そうなると、選択肢は通信講座か通学(スクール)になります。

 

スクールは時間が合わない

理想は登録販売者のスクールに通うことでした。分からない部分が出てきてもすぐにその場で質問できるからです。お金は一番掛かりますが、その分一番合格に近いでしょう。

 

しかし残業続きで忙しいわけですし、薬局勤務ですからシフト制のため休みが不定期。なかなか通うのが難しいです。時間的な制約から、スクールは諦めざるを得ませんでした。

 

通信は丁度よかった

最終的に残った通信講座は、消去法とも言えますが、僕にとっては独学とスクールの良いとこ取りに感じられました。自由度とサポートのバランスが良く、これなら続けられると思えたので申し込むことに決めました。

 

(モチベーションの問題はカネが掛かっているというプレッシャーを自分にかけることで尻に火を点けることに…( `ー´)ノ)

 

自分に合ったやり方を選ぶべき

登録販売者通信yes

僕の場合は教材の充実度もそうですが、何よりもその通信講座で確実に登録販売者資格が取れるかどうかという部分が重要でした。一発合格にこだわっていたので、ムリなく続けられること・添削と質問があることは合格への近道と思い重要視。

 

カリキュラムと受験までの期間が丁度合っていたというのも決め手の一つです。もし受験までの期間が1年近くあったら、通信でなく独学で勉強しても合格できたかもしれません…。

 

まずはじっくり調べて、自分のやり方に合った勉強方法を選びましょう。

 

費用・時間・効率のバランスを自分に当てはめれば、どのやり方がいいのかは自ずと見えてくるはず。しかし登録販売者に一発合格ができなければ費用と時間は掛かり続けてしまいます。

 

通信講座の資料を無料で一括請求することもできます。面倒がらずにできるだけ目を通してからみましょう。失敗しない勉強方法と巡り合えますよ!

 

▼登録販売者の講座探しなら▼

登録販売者 通信 ボタン